オオカミ少年 -超-

だらだらと当たらない予想を書き続けていたら元号が変わっていたの儀

阪神11R  宝塚記念

◎ラッキーライラック ○サートゥルナーリア ▲ワグネリアン 大阪杯の覇者ラッキーライラックが本命。昨年秋のエリザベス女王杯から完全に本格化、瞬発力勝負にも消耗戦にも強いタフな根性娘になった。デビューから40kgも体重が増えてパワーアップ。牡馬の総大…

東京11R  エプソムカップ

◎ソーグリッタリング ○サトノアーサー ▲レイエンダ △ダイワキャグニー 昨日から大荒れの東京不良馬場。昨年の覇者レイエンダ、一昨年の覇者サトノアーサーを抑えての1人気は上がり馬のピースワンパラディ。しかし重賞実績は昨年の青葉賞の3着だけ。荒れそう…

東京11R  安田記念

◎アーモンドアイ ○インディチャンプ ▲ダノンキングリー 超豪華メンバーが大集結した安田記念。昨年は「スタートで後手を踏んだアーモンドアイが取りこぼしたレース」だったが、その時の勝ち馬インディチャンプが以後本格化してマイル春秋制覇中。ダノン2騎も…

東京11R  東京優駿

◎コントレイル ○サリオス ▲サトノインプレッサ 皐月賞ワンツーの再戦でしょう。ゴリマッチョ体型のサリオスよりもコントレイルの方が距離延長はポジティブなので、先週のデアリングタクトに続いて牡馬も無敗の2冠馬誕生が濃厚だ。福永騎手も一昨年ワグネリ…

東京11R  オークス

◎デアリングタクト ○クラヴァシュドール ▲マルターズディオサ 無敗の桜花賞馬デアリングタクトが二冠濃厚。距離延長は大歓迎。先行有利の東京ではあるが、12ハロンの緩いペースなら極端に後ろから行くこともないだろう。心配は雨の道悪桜花賞での疲労度だけ…

東京11R  ヴィクトリアマイル

◎アーモンドアイ ○プリモシーン ▲ダノンファンタジー 人気はドバイまで遠征したのにレース直前中止で肩透かしを食らった2頭のG1ホース。国内で順調に使われてきたラッキーライラック、クロノジェネシス、カレンブーケドール、グランアレグリアは不在。不安あ…

東京11R  京王杯スプリングC

◎タワーオブロンドン ○ダノンスマッシュ ▲ストーミーシー 高松宮記念で人気を分け合って共倒れ大敗した2頭の再戦ムードだが、タワーオブロンドンはレコード駆けした昨年から斤量2kg増、ダノンスマッシュは斤量有利も実績乏しい7ハロン戦。天候も生憎の雨、破…

新潟11R  新潟大賞典

◎エアウィンザー ○レッドガラン ▲ブラヴァス △ダイワキャグニー 休み明けのエアウィンザーが仕切り直し。昨年の大阪杯5着*1 はこのメンバーなら大威張りできる実績。それでいてハンデ57.5kgなら恵まれた。G3なら馬券圏内は堅い。単複を厚めに、馬連流しで小…

東京11R  NHKマイルカップ

◎タイセイビジョン ○レシステンシア ▲サトノインプレッサ 久々に好メンバーが揃ったNHKマイルカップ。マル外の衰退でレース創設当初の意義を失っており、かつ開催時期がクラシックの谷間なこともあって空き巣レースになりがちだったからね。昨日の京都新聞杯…

京都11R  天皇賞・春

◎フィエールマン ▲メイショウテンゲン △ダンビュライト △スティッフェリオ △エタリオウ 休み明けでも大外枠でも◎フィエールマンから。凱旋門賞帰りの有馬記念4着は実力の証明。昨年よりもメンバー弱化しているし、唯一の敵ユーキャンスマイルは岩田康誠骨折…

京都11R  読売マイラーズC

◎インディチャンプ ○フィアーノロマーノ このメンバー相手なら昨年のマイル統一王者インディチャンプが抜けている。中山記念も着順ほど内容は悪くなかった。結果オーライで皐月賞を制した福永祐一の運もある。アーモンドアイの参戦でヴィクトリアマイルが好…

東京11R  フローラS

◎ホウオウピースフル ○スカイグルーヴ ▲ヴォリアーモ エアグルーヴ所縁の2頭(アドマイヤグルーヴの孫とラストグルーヴの子)が人気を分け合っているが、クラシック王道組は桜花賞に出ているため、例年通り空き巣メンバー。レッドルレーヴのフラワーC 2着に…

中山11R  皐月賞

◎サトノフラッグ ○サリオス 無敗の朝日杯FS馬と無敗のホープフルS馬が共にぶっつけ本番で初対決。サリオスは父ハーツクライの晩成血統で朝日杯の勝ち時計は阪神ジュベナイルF(レシステンシア=桜花賞2着)よりも遅かったが、2着に負かしたタイセイビジョン…

阪神11R  桜花賞

◎サンクテュエール ○デアリングタクト ▲マルターズディオサ 一番強いのはおそらくデアリングタクト。でも、桜花賞の舞台に一番合うのはサンクテュエールだと思う。やはりこの舞台は父ディープインパクトが有利。シンザン記念からのぶっつけ本番はアーモンド…

中山11R  ニュージーランドT

◎アブソルティスモ ○カリオストロ ▲ハーモニーマゼラン △オーロラフラッシュ 人気ほど実力差のないメンバーだと思うので思い切って穴狙いして◎アブソルティスモから。ここ2戦は結果が出ていないが、2歳時にはサリオス(朝日杯)、クラヴァシュドール(チュー…

阪神11R  阪神牝馬S

◎サウンドキアラ ○ダノンファンタジー G1イップスのダノン軍団の女王の始動戦。G1は人気で裏切るがG2なら堅実なタイプ、ここも順当に勝てそうと思っていたら、まさかの+22kgで出走してきた。成長分考慮しても明らかに太いわな。これぐらいの体重でも勝たない…

阪神11R  大阪杯

◎ラッキーライラック ○ワグネリアン ▲ダノンキングリー △ステイフーリッシュ 金鯱賞勝ちのサートゥルナーリアが回避、ドバイ組も遠征後中止のため出走できず、同じく遠征していたルメールは隔離で参加不可。12頭と寂しい出走頭数になってしまった。アーモン…

中京11R  高松宮記念

◎タワーオブロンドン ○ダイアトニック ▲ステルヴィオ △ダノンスマッシュ △ノームコア 昨年のスプリンターズS覇者タワーオブロンドンから。久々だったオーシャンSこそ3着だったが、その時に2kg差あったダノンスマッシュとの斤量差は消えるし逆転可能、G1イッ…

中山11R  日経賞

◎スティッフェリオ ○モズベッロ △ミッキースワロー △ウインイクシード 伝統的に荒れるレース。重賞3勝、昨年のオールカマー勝ち(セントライト記念とともに日経賞に直結しやすいレース)のスティッフェリオが9番人気で拾えるならここから。日経新春杯を制し…

ドバイ中止

一週間前になってまさかのレース中止。招待レースだから遠征費は向こう持ちとはいえ、得られたはずの賞金はゼロ(機会損失)になるわけだし、今後の予定も狂ってくる。中止なら中止でもっと早く言うべき。馬がドバイ入りしてから決めるのはちょっと失礼よな…

中山11R  スプリングS

◎ヴェルトライゼンデ ○サクセッション ▲アオイクレアトール ホープフルS 2着馬ヴェルトライゼンデの始動戦。負けた相手はコントレイルだけ。弥生賞2, 3着のワーケア、オーソリティには前走で2馬身以上と決定的な差を付けている。メンバーを見渡してもサトノ…

阪神11R  阪神大賞典

◎ユーキャンスマイル ○キセキ 脚質転向して安定感は出たが善戦マンになってしまったキセキは相手弱化で久々の白星チャンスだが、瞬発力の差でユーキャンスマイルに軍配が上がりそう。3年前の菊花賞馬に対していう言葉じゃないかもしれないが、年を重ねて長丁…

中京11R  金鯱賞

◎サートゥルナーリア ○ラストドラフト ▲ダイワキャグニー 昨年の最優秀3歳牡馬の古馬始動戦。過去左回りでは結果を出せていないが、左回りがそもそもだめなのか、左回りでG1だとだめなのか、今回が試金石。メンバー薄いG2なら普通に勝てると思うけど。もし左…

中山11R  中山牝馬S

◎コントラチェック ○デンコウアンジュ ▲メイショウグロッケ △レイホーロマンス 中山巧者コントラチェックの始動戦。同距離同コースのフラワーカップは圧勝。惨敗したのはG1だけだし、牝馬限定G3ハンデ戦なら力は足りるでしょう。相手は人気通りにいかないケ…

中山11R  弥生賞ディープインパクト記念

◎サトノフラッグ ○ワーケア ▲ウインカーネリアン 今年から「ディープインパクト記念」が付いた弥生賞。かつてはフジキセキやアグネスタキオン、ディープインパクトが盛り上げたレースだが、G1ホースのサリオスもコントレイルもぶっつけ皐月賞のためG2でもメ…

阪神11R  阪急杯

◎ダイアトニック ○ステルヴィオ 距離短縮ならダイアトニックで。14kgの体重減がどう響くかやね。体重絞ってきたのはプラスだと思うけど。阪神カップで5馬身つけられての2着だったフィアーノロマーノよりは、父ロードカナロアのステルヴィオの巻き返し。

中山11R  中山記念

◎ラッキーライラック ○ウインブライト ▲インディチャンプ △ダノンキングリー 9頭しか出ていないのにうち5頭がG1ホースという超豪華メンバー。せっかく開幕週に素晴らしいメンバーが揃ったのに、コロナウイルス感染防止のために無観客競馬になってしまったの…

東京11R  フェブラリーS

◎インティ ○アルクトス ▲ミッキーワイルド 初ダート戦を圧巻Vで飾ったモズアスコットの取捨が焦点。勢いのままに連勝を重ねたのはクロフネとメイショウボーラーぐらいなので過信は禁物。特にモズアスコットはマイルよりも1400mの方が良いタイプ。根岸Sは距離…

東京11R  ダイヤモンドS

◎タイセイトレイル ○レノヴァール ▲タガノディアマンテ △オセアグレイト 人間の東京マラソンは新型ちゃんの拡散でエリートランナー以外出走禁止になってしまったが、競走馬は全頭出走できて良かった。本命は身体を絞ってきたタイセイトレイル。父ハーツクラ…

東京11R  共同通信杯

◎ココロノトウダイ ○マイラプソディ ▲ダーリントンホール 3戦3勝マイラプソディの始動戦。無傷の3連勝中だが京都2歳Sのレースっぷりは勝負処で反応が鈍くなる等子供っぽさを見せていた。サリオスやコントレイルにはまだまだ完成度で及ばない。「次で人気にな…