オオカミ少年 -超-

だらだらと当たらない予想を書き続けていたら元号が変わっていたの儀

阪神11R  宝塚記念

◎ラッキーライラック
○サートゥルナーリア
▲ワグネリアン


大阪杯の覇者ラッキーライラックが本命。昨年秋のエリザベス女王杯から完全に本格化、瞬発力勝負にも消耗戦にも強いタフな根性娘になった。デビューから40kgも体重が増えてパワーアップ。牡馬の総大将サートゥルナーリア相手でも引けは取らない。大阪杯安田記念牝馬のワンツーだし牝馬が強い時代。昨年のリスグラシューに続く2年連続牝馬の制覇濃厚。マリアライトよりは強いと思う。

相手は皐月賞馬サートゥルナーリア、▲ワグネリアンはダービー2勝ジョッキー福永祐一の手腕に期待。

東京11R  エプソムカップ

◎ソーグリッタリング
○サトノアーサー
▲レイエンダ
△ダイワキャグニー


昨日から大荒れの東京不良馬場。昨年の覇者レイエンダ、一昨年の覇者サトノアーサーを抑えての1人気は上がり馬のピースワンパラディ。しかし重賞実績は昨年の青葉賞の3着だけ。荒れそうなニオイが漂うので少し捻って買いたい。

本命はソーグリッタリング。昨年は同レースで1人気に押されて3着。以降はリステッド、G3を中心に使われて一度も掲示板を外していない。休み明けの前走を使われて上昇が見込める中、直前5人気なら単勝でも狙える。馬連もここから。相手は昨年、一昨年の覇者2頭と人気急落も左回りに強いダイワキャグニーまで。

東京11R  安田記念

◎アーモンドアイ
○インディチャンプ
▲ダノンキングリー


超豪華メンバーが大集結した安田記念。昨年は「スタートで後手を踏んだアーモンドアイが取りこぼしたレース」だったが、その時の勝ち馬インディチャンプが以後本格化してマイル春秋制覇中。ダノン2騎も手強いし、昨年の桜花賞馬グランアレグリア高松宮記念で一番強いレースをして、ヴィクトリアマイルをパスしてここを目標に万全に仕上げてきた。普通に考えればこの5頭の決着になるだろう。

 
本命はアーモンドアイで。ヴィクトリアマイルは力が違いすぎた。ドバイ遠征空振りの影響もなかったし、宝塚記念をパスしての安田記念参戦なら極限まで仕上げられる。前走後のダメージは皆無、今更中2週でダメになるレベルの馬じゃないし、スタートさえ普通なら史上初の芝G1 8勝目は堅そうだ。

相手は昨年の覇者インディチャンプ。▲ダノンキングリー。今の東京芝は前に行けないと話にならない。昨日の土砂降り冠水の影響は馬場回復とともに和らいでいるが、追い込みが効く馬場ではない。グランアレグリアにはマイナス。

東京11R  東京優駿

◎コントレイル
○サリオス
▲サトノインプレッサ


皐月賞ワンツーの再戦でしょう。ゴリマッチョ体型のサリオスよりもコントレイルの方が距離延長はポジティブなので、先週のデアリングタクトに続いて牡馬も無敗の2冠馬誕生が濃厚だ。福永騎手も一昨年ワグネリアンで勝っているので、キングヘイローの時のような変な乗り方はしないと思う。下手な乗り方した皐月賞でも馬の力で勝っているけどね。

サリオスは歳を重ねるとマイラーになるのだろうが、この時期なら能力で距離を克服できることは、ジェニュイン、ダイタクリーヴァ、ダノンキングリーらが証明済。皐月賞2着馬のダービー戦績が悪いことは気がかりだが。


このレースに相性のいい1枠1番を引いたサトノインプレッサが▲。NHKマイルCはマイルのペースに戸惑ったのか全くレースをしていない。流れに乗ってちゃんとポジション取れれば、矢作厩舎ワンツーもあり得る。この人気なら。

東京11R  オークス

◎デアリングタクト
○クラヴァシュドール
▲マルターズディオサ


無敗の桜花賞馬デアリングタクトが二冠濃厚。距離延長は大歓迎。先行有利の東京ではあるが、12ハロンの緩いペースなら極端に後ろから行くこともないだろう。心配は雨の道悪桜花賞での疲労度だけ。桜花賞2着のレシステンシアがNHKマイルCでは本領発揮できずにレース後骨折判明したばかりなのでね。

 
相手も桜花賞組から。父ハーツクライで距離延長大歓迎のクラヴァシュドール、チューリップ賞でも阪神ジュベナイルフィリーズでもクラヴァシュドールとハナ差接戦だったのに人気急落のマルターズディオサが▲評価。輸送もないし先行できるし父キズナだし、外枠ぐらいしか嫌う要素ないと思うんだけどな。

デゼルは前走圧巻も人気になり過ぎなので今回は敬遠したい。中2週で再び東京輸送。体重も減ってしまった。キャリアも浅いし無理して狙う人気じゃないよねと。

東京11R  ヴィクトリアマイル

◎アーモンドアイ
○プリモシーン
▲ダノンファンタジー


人気はドバイまで遠征したのにレース直前中止で肩透かしを食らった2頭のG1ホース。国内で順調に使われてきたラッキーライラック、クロノジェネシス、カレンブーケドール、グランアレグリアは不在。不安ありの海外帰国組と3連勝中の上がり馬サウンドキアラ、昨年の1,2着の争いか。
 

ドバイ帰りでもアーモンドアイは強いと思う。有馬記念大敗はパワーを要求される馬場が合わなかったことと距離。ドバイ旅行の疲れが抜けていれば7冠目濃厚。昨日の京王杯SCロードカナロア産駒がワンツースリー。芝の状態も味方している。一方のラヴズオンリーユーは状態面でやや不安が残る。矢作調教師も「1日1日状態が上がっている最中」(=良化途上)と話していたし。今の東京で最内枠は有利だが、マイルのペースで前に行けるかは疑問だね。

相手は現在の馬場を考えると前に行ける馬を選びたい。まずは昨年2着のプリモシーン。昨年Vのレーン騎手騎乗でちょっと人気になりすぎているが。それから20kg絞ってきたダノンファンタジー。「前哨戦のダノン」のせいか人気はイマイチも2歳女王だからね。内枠で前に行けて実績あるのに人気なしなら買うしかない。

東京11R  京王杯スプリングC

◎タワーオブロンドン 
○ダノンスマッシュ
▲ストーミーシー


高松宮記念で人気を分け合って共倒れ大敗した2頭の再戦ムードだが、タワーオブロンドンはレコード駆けした昨年から斤量2kg増、ダノンスマッシュは斤量有利も実績乏しい7ハロン戦。天候も生憎の雨、破綻含みの1戦。だからと言ってステルヴィオやケイアイノーテックら後方待機組を買うのも違うと感じる。

穴なら前から行く馬だろう。▲ストーミーシーの大駆け一発狙い。