オオカミ少年 -超-

だらだらと当たらない予想を書き続けていたら元号が変わっていたの儀

阪神11R  宝塚記念

リスグラシュー
○キセキ
▲アルアイン


アーモンドアイ(G1 5勝)もフィエールマン(菊花賞天皇賞春)もワグネリアン東京優駿)も不在の飛車角王将落ち4歳世代よりも、無事是名馬で元気な5歳世代から。ジャパンC超速レコード演出の助演男優賞キセキは苦手の春でも大崩れしていないし、皐月賞アルアイン大阪杯でG1 2勝目、エリザベス女王杯Vで無冠の女王返上したリスグラシューは海外でも善戦ウーマン継続中。BOXで。

ドバイでまさかの逃げ戦法から惨敗したレイデオロ、過去最高体重で負けた中山記念と同体重で出てきたスワーヴリチャードはちょっと不安が残るので、ドバイ組をスルーした5歳丼で老後の必要資金2000万円の足しにしたい。

東京11R  エプソムカップ

◎ソーグリッタリング
○ダノンキングダム
▲カラビナ


リステッド競争連勝中で内枠を引けたソーグリッタリングから。相手は不利な外枠に入るも先行できるダノンキングダム、パドックで細江さん一押しかつ東京巧者で休み明けひと叩きして上昇中のカラビナまで。奇しくも◎○▲すべて父ステイゴールド。雨が降ってきてさすがに現在の東京芝でもレコード決着にはならなそうだし、父ステイゴールドで網張っていれば引っかかってくれないだろうか。

東京11R  安田記念

◎アーモンドアイ
○ダノンプレミアム
▲フィアーノロマーノ


新馬戦しか負けていない牝馬三冠・ジャパンCドバイターフ制覇の最強牝馬アーモンドアイ、一頓挫あった直後のダービーしか負けていないマイル全勝で同じ年のダノンプレミアムの最強対決。走ればレコードの"超高速"東京芝だけに1分30秒を切る超速決着が期待される。時計の裏付けのない馬、後方一気の展開頼みの馬は出番なし。先行できないなら上がり31秒台で走らないと届かない。先週のダービー1枠1番のような特殊な馬場の恩恵を受けた馬でないと2強対決には割り込めない。

ハイペースで先行馬壊滅だったダービー卿CTを先行して押し切ったフィアーノロマーノが最大の惑星。年明け初戦であのパフォーマンス。前走で負かしたプリモシーンはヴィクトリアマイルでも2着。現在9番人気なら積極的に狙いたい。

阪神11R  鳴尾記念

◎ステイフーリッシュ
○メールドグラース
▲タニノフランケル


T2000〜2200mでは大阪杯以外は全て馬券圏内に好走しているステイフーリッシュから。G2でも格負けしないのはこの馬ぐらいでしょう。相手は新潟大賞典Vで3連勝中のメールドグラース、先行力は侮れない母ウオッカの形見タニノフランケルまで。

東京12R  目黒記念

◎ブラストワンピース
○アイスバブル
▲ソールインパク


テンレコで今回走る番のブラストワンピースから。ハンデ59kgでも負けられない。バリバリの有馬記念馬だしね。伝統的にアルゼンチン共和国杯目黒記念の過去の好走馬ばかり来るレースだけども、同じ距離の有馬記念で好走できるなら適性はあるはず。新潟記念を1分57秒台で勝っているし時計勝負も大丈夫。


相手は上がり馬のアイスバブルと東京コース好相性のソールインパクト。ダミアンレーンは長距離ではしばらく買いたくないな。

東京11R  東京優駿

◎サートゥルナーリア  1人気 4着
○ダノンキングリー
△クラージュゲリエ
△ロジャーバローズ


サートゥルナーリア、ディープインパクト以来の無敗の二冠濃厚。ぶっつけで仕上がり途上だった皐月賞でも(お行儀の悪さを出して後味は悪かったものの)負けなかったんだから、100%に仕上げたダービーでは同じ相手に負けるはずがない。皐月賞組よりも数枚劣る別路線組なんて論外。「乗り替わりでは勝てない」のは平成時代のお話。ずっと乗っていたミルコに戻さずダミアンレーンに依頼した経緯は少し疑問だけどね。

同レースで単勝1倍台に支持されたのは、ハイセイコーミスターシービーシンボリルドルフトウカイテイオーナリタブライアンディープインパクトドゥラメンテと超名馬ばかり。(除くフサイチホウオー) ライバルを圧倒して秋はフランスへ。まあ現在のレコード連発東京"超速"馬場で圧勝してしまうと、ロンシャン芝への適性が疑問視されてしまうというジレンマもあるがそれはそれ。

相手はダノンキングリー。東京コース向きの抜群の瞬発力があり、新馬戦でカレンブーケドール(オークス2着)、共同通信杯でアドマイヤマーズ(朝日杯FSNHKマイルC)に完勝。右回りならヴェロックスでも左回りならこちらの方が強い。皐月賞2着馬よりも3着馬の方がダービー成績が良いデータも後押し。

荒れるなら3着だろう。ヴェロックスを除けば他は横一線。皐月賞5着で父も母父もダービーホースのクラージュゲリエ、ラッキーナンバー最内枠を引けたロジャーバローズあたりか。「ダービーといえば最内枠」と数年前まではかなり騒がれていたが、1枠1番ディーマジェスティ敗退と1枠1番ダノンプレミアム失速もあってなのか最近見かけなくなった。こういうオカルトは皆が忘れた頃にやってくる。

東京11R  オークス

◎ダノンファンタジー  4人気 5着
○ラヴズオンリーユー
▲クロノジェネシス


毎年距離不安がどうとか言われながらも結局は桜花賞組が強いレース。天敵グランアレグリアが不在ならば前を早めに捕まえに行く必要はない。自分のレースに徹することができれば、距離だって克服できる。◎ダノンファンタジーの捲土重来で。相手は無敗で忘れな草賞を楽勝してきたラヴズオンリーユー。戦ってきた相手が弱いだけかもしれないが、3戦はいずれも圧勝で奥が深そうな片鱗はある。

▲クロノジェネシスヴィクトリアマイルをレコードで制したノームコアの半妹。父が中距離タイプのハービンジャーから凱旋門賞馬バゴに変わったせいか、妹はマイルは少し忙しい印象。距離延長がプラスに働くのは間違いないが、桜花賞に続いて内枠を引いたことが気がかり。内のジョディー、外のコントラチェックとも逃げ脚質。両隣に煽られなければいいのだが。直線でスムーズに外に出せるかも含めて、騎手の腕が問われる一戦。

フラワーカップ楽勝以来となるコントラチェックは、目下絶好調のダミアンレーン扇風もあり3人気になっているが、こんなローテーションで好走した馬は過去にいない。最内枠にジョディーがいるので楽逃げできるとも思えない。人気で切るならこの馬だろうか。

単勝◎ダノンファンタジー馬連馬単で。

レース結果

1. ○ ⒀ ラヴズオンリーユー  デムーロ ①	2:22.8 (R)
2. … ⑽ カレンブーケドール  津村明秀 ⑫	クビ
3. ▲ ⑵ クロノジェネシス   北村友一 ②	2 1/2

カワカミプリンセス以来の無敗のオークス馬誕生。ミルコは令和G1はやくも2勝目。兄リアルスティールはG1制覇まで苦労したけど妹はあっさりだったね。そして、この走破時計。ジェンティルドンナのレースレコードを0.8秒更新。ドゥラメンテのダービーレコードをも上回る。東京芝は時計が速すぎるな。

びっくりしたのは12人気カレンブーケドール。実績上位のクロノジェネシスを正攻法で競り落とし、ラヴズオンリーユーの外強襲には屈したが、一度交わされてもしぶとく食らいついていた。フローラS勝者ウィクトーリアが4着、5着にようやくダノンファンタジー。今年は桜花賞組<<別路線組ということなのね…。