オオカミ少年 -超-

だらだらと当たらない予想を書き続けていたら元号が変わっていたの儀

京都11R  マイルチャンピオンS

◎インディチャンプ  3人気 1着
○ダノンプレミアム
▲ダノンキングリー
△ペルシアンナイト


春の安田記念をレースレコードで制したインディチャンプから。安田記念で負かした2着アエロリット、3着アーモンドアイは後の天皇賞・秋のワンツー。まともに走れば人気のダノン2頭にも負けない器であることは確か。

相手はそのダノン2頭が筆頭も、ダノンプレミアムは天皇賞を走ってから中2週と間隔が詰まっていること(初経験)、ダノンキングリーは適性ドンピシャの天皇賞を「使い分け」で使わずにマイルCSに回ってきたこと、前走で派手に勝ったものの自分らしい先行策ではなく出遅れによるものだったこと、戸崎圭太の故障乗り替わり、冠名ダノンがG1に異常に弱いこと等々、不安材料は多い。

一昨年1着、昨年2着とこのレースに滅法強いペルシアンナイトが△。近走成績はすでにピークアウトした感しかないが、先週のクロコスミア(3年連続2着)を見るとリピーターは思考停止して押さえた方が良さそうだ。

レース結果

1. ◎	⑸ インディチャンプ	池添 謙一  ③ 1:33.0
2. ○	⒁ ダノンプレミアム	川田 将雅  ① 1 1/2
3. △	⑺ ペルシアンナイト	マーフィー ⑥ クビ

インディチャンプが瞬発力勝負で突き抜けてマイル春秋連覇。4コーナー先頭で押し切り図るダノンプレミアムに(追い出す前に)内から並べた時点で勝負あり。ダノンプレミアムは瞬発力勝負では分が悪かった。でも思った以上に伸びあぐねたのは中2週の影響なのかな。3着ペルシアンナイトはこの時期の京都芝に適性抜群なんだろう。先週のクロコスミアも同様。三連単まで仕留めたのは久々!

ダノンキングリーは5着。直接の敗因は馬場が荒れてるインをずっと走らされたことかもしれないが、臨戦過程から枠順、レース選択までチグハグだった。マイルCS優勝が欲しいなら第二の矢はダノンファンタジーでよかったし、ダノンキングリーは天皇賞からジャパンCが最適解。来週のジャパンCはアーモンドアイ不在で空き巣だよ。勿体ないねぇ。

京都11R  エリザベス女王杯

◎ラッキーライラック  3人気 1着
○クロノジェネシス
▲ラヴズオンリーユー


気性面で当てにしづらい&間隔を詰めるとパフォーマンスが落ちる秋華賞馬クロノジェネシス、未だ無敗もオークス以来の休み明けで馬体重+16kgラヴズオンリーユーよりは、早仕掛けの府中牝馬Sで負けて強しのレースをした古馬ラッキーライラックから。テイエムプリキュアの大激走、クロコスミア、オースミハルカの2年連続2着を持ち出すまでもなく、前に行ける脚質が有利なレース。

府中牝馬S制覇のスカーレットカラーは前哨戦を使ったのに体重増えすぎ。このレース好相性のクロコスミアはさすがに3年連続はないかな。

レース結果

1. ◎	⑵ ラッキーライラック  C.スミヨン ③ 2:14.1
2. …	⑹ クロコスミア     藤岡 佑介  ⑦ 1 1/4
3. ▲	⑾ ラヴズオンリーユー  M.デムーロ ① クビ

前半1000mが62.8秒の超スローペース。単騎逃げのクロコスミアに勝ってくださいと言わんばかりのレース。テイエムプリキュアが脳裏によぎったその刹那、スノーフェアリーのような脚でぶっ飛んできたラッキーライラック阪神JF以来の戴冠。上がり32.8秒。先行策正攻法で押し切る予想で◎打ったのに全然違うレースでした。溜めれば切れるね。スミヨンがオルフェーヴルの仔でリベンジ。

クロコスミアは今年もまたまた2着。この時期のこの距離の京都芝に異常な適性、ピーク過ぎたと思ってても買わないとだめやね。今年はさすがに勝ったと思った。運がない。逃げたクロコスミアが2着、終始2番手のラヴズオンリーユーが3着、3番手にいたセンテリュオが4着だから、2着以降は展開利そのまま。クロノジェネシスは間隔詰まるとエキサイトする癖をどうにかするのが来年の課題やね。

東京11R  天皇賞・秋

◎サートゥルナーリア  2人気 6着
○スワーヴリチャード
▲アーモンドアイ


G1馬10頭が集結した超豪華メンバーによる秋の天皇賞。出てこなかったのはダノンキングリーぐらいか。毎日王冠をあの強さで完勝したのに、ダノンプレミアムとの「使い分け」で盾回避とは情けない。そういうことしているからダノンはG1に弱いんだよ。プレミアムは無印。もうダノンには騙されない。


本命は3歳のサートゥルナーリア。唯一の敗戦が東京コースの日本ダービーなのが心配といえば心配だが、距離は合うのでコースの巧拙さえ問題なければ行けると思う。秋に一度使っているのも好材料。乗り替わりもC.スミヨンならマイナスではない。ちなみに私はスミヨンと誕生日が同じだ。(年齢は私が1歳上)

相手は東京巧者スワーヴリチャードと最強女王アーモンドアイ。アーモンドアイは昨年のジャパンカップのスーパーレコードを見たときはどんな怪物に成長するのか楽しみだったが、今年走ったのはドバイと東京のわずか2戦だけ。しかも安田記念は格下相手に3着敗戦とガッカリ感が拭えない。日本の現役最強女王は宝塚記念コックスプレートをぶち抜いたリスグラシューなんじゃないか疑惑すらある。ここで圧倒的なパフォーマンスを見せないと最優秀古馬牝馬も危ういだろう。

なお、単勝1倍台でこのレースを制したのはミスターシービーまで遡るとのこと。シンボリルドルフのまさかの黒星、メジロマックイーンの1着入線18着降着サイレンススズカ競走中止予後不良、etc… 昨年女王の天叢雲剣草薙剣)は負の歴史を断ち切れるか。

レース結果

1. ▲	⑵ アーモンドアイ    C.ルメール ①	1:56.2
2. …	⑼ ダノンプレミアム   川田 将雅  ③	3
3. …	⑸ アエロリット     戸崎 圭太  ⑥	クビ

内枠から最短距離を走ったアーモンドアイが直線最内の狭いスペースから抜け出すとあとは流して大楽勝。最後流してなければレコード更新確実だった。これでG1 6勝目。安田記念の敗戦は何だったのか。

逃げ粘り3着のアエロリットは、タイトルこそNHKマイルCだけだが、府中で逃げると本当にしぶといね。ダノンプレミアムは力を出し切っている。相手が悪かった。サートゥルナーリアは一瞬抜けそうな雰囲気あったがそこで力尽きた。距離じゃないとなるとやはり左回りが苦手なのかもしれない。ジャパンCよりも有馬記念の方が適性ありそうやね。

京都11R  スワンS

ロードクエスト  9人気 15着
○グァンチャーレアマルフィコースト


マイルCS前哨戦G2とは思えない低レベルメンバー。レースを使わずに仕上げる前哨戦軽視は時代の流れだから仕方ないのか。昔は叩き台仕上げの一流マイラー、ワンチャン狙いのスプリンターだけでなく、7ハロンスペシャリストがメイチの仕上げで出てくるレースでもあったんだけどな。その役目も暮れの阪神カップに取って代わられてしまった。メンバー揃わないならG2剥奪でもいいと思う。G2昇格があるならG3降格があってもいい。

本命は昨年Vのロードクエスト。人気はないが33秒台の末脚はまだまだ健在だし、このメンバーなら力も足りる。以下、安田記念4着のグァンチャーレ、距離短縮はチャンスのアマルフィコーストまで。控えめにワイドで。

レース結果

1. …	⒄ ダイアトニック    C.スミヨン ①	1:21.3
2. …	⑽ モズアスコット    岩田 康誠  ②	ハナ
3. …	⑻ マイスタイル     田中 勝春  ④	クビ

完璧なレースをしたモズアスコットを大外から強襲したダイアトニックがハナ差交わして重賞初勝利。5月にリステッドレースを勝ってからの休み明けでこのパフォーマンス。モズアスコットは2年連続でハナ差2着。この距離このコースは合うんだな。マイスタイルは距離短縮でも追走に苦労してなかった。

京都11R  菊花賞

◎ヴェロックス  1人気 3着
○ザダル
▲ヒシゲッコウ
△レッドジェニアル


皐月賞馬もダービー馬も不在。セントライト記念神戸新聞杯の各トライアルの優勝馬も不在。皐月賞2着、ダービー3着と惜敗続きのヴェロックスにとっては千載一遇のチャンス。父ジャスタウェイで距離がどうかだが、最近の菊花賞はスタミナ必要ないレースになってしまったのであまり気にする必要ないかと。(その割には距離不安を理由に回避する馬が多くてけしからんですね)

相手は難解、横一線。内枠とルメールだけで過剰人気しているニシノデイジーはあまり触りたくない。となれば、内枠でセントライト記念初黒星(3着)から12kg絞ってきたザダル、プリンシパルS 3着以降は古馬相手に連勝中のヒシゲッコウ、京都新聞杯で後のダービー馬相手に金星挙げたレッドジェニアルまで。

レース結果

1. …	⑸ ワールドプレミア   武 豊   ③	3:06.0
2. …	⒁ サトノルークス    福永 祐一 ⑧	クビ
3. ◎	⒀ ヴェロックス     川田 将雅 ①	1

ワールドプレミアが重賞初勝利。先行集団を離れた番手でしっかりマークしながら最短距離を回って抜け出してV。さすがは菊花賞5勝騎手。最年少V記録を持つ同レースで最年長Vも決めて見せた。昭和、平成、令和と3元号での菊制覇。2着はセントライト記念に続いてサトノルークス。前回本命にして的中も本番ではノーマークだった。終わってみれば、高額落札ディープインパクト産駒同士の決着。

ヴェロックスは積極策で位置を取りに行ったが直線伸びずに3着。4コーナーでタガノディアマンテらに外から捲られたのも良くなかった。過去2回続けて負かしていたワールドプレミアに大一番で逆転されたのは距離適性の差だろうか。

東京11R  富士S

◎レッドオルガ  4人気 3着
○ロジクライ
▲アドマイヤマーズ
△ノームコア


マイルCSの前哨戦。多くのG1ホースが始動戦でかつ斤量を背負わされるため、あまり結果を残せていない。東京芝マイルの申し子エリモピクシーの仔レッドオルガが本命。相手は昨年の覇者ロジクライ。以下、マイル戦全勝アドマイヤマーズ、同距離同コースのヴィクトリアマイルレコードVのノームコアまで。

ところで、このレース重賞昇格してからもう22回目なんですね。オープン特別だった頃の印象がまだ強い。タイキブリザードがまだオープン特別だったこのレースをステップにしてジャパンCとか出走してたの懐かしい。

レース結果

1. △	⒃ ノームコア      C.ルメール ②	1:33.0
2. …	⑼ レイエンダ      C.スミヨン ③	1/2
3. ◎	⑵ レッドオルガ     福永 祐一  ④	アタマ


骨折休養明けでも実質斤量58kgでも関係なし、ノームコアが貫禄勝ち。追い出しをギリギリまで待って上がり33.2秒で差し切りV。先週は半妹が秋華賞制覇、父ハービンジャーと父バゴでG1姉妹出すんだから優秀な母親ですな。

一緒に追い込んだレイエンダが2着。レッドオルガは勝ちに動いての3着。稍重の芝で前半58.9秒ならばマイル戦としては決して速いペースではなかったが、レッドオルガ以外の掲示板4頭が通過順位二桁からの追い込みだからスタミナの消耗が激しいレースだったんだろう。この血統は東京マイルよく走るね。

東京11R  アイルランドT府中牝馬S

◎プリモシーン  1人気 15着
○クロコスミア
▲ラッキーライラック


ヴィクトリアマイルでノームコアのレコード2着したプリモシーンから。牡馬換算57.5kgと実質トップハンデだった中京記念こそ僅差3着と取りこぼしたが、レース内容は悲観するものではない。関屋記念1着、ダービー卿CT2着と牡馬重賞クラス相手でも善戦できる力あり。良績が全てマイル戦も血統的には距離延長は問題ない。直線の長いコースは合っている。福永騎手も正攻法でレースできる東京9ハロン戦は強い。

相手は格を重視してクロコスミア、ラッキーライラック。どちらも重い印を打つにはアテにならない面があるけども。

レース結果

1. …	⑻ スカーレットカラー	岩田 康誠 ④	1:44.5
2. …	⑹ フロンテアクイーン	津村 明秀 ⑨	1 1/4
3. ▲	⒂ ラッキーライラック	石橋 脩  ②	 1/2


ゴール前強襲したスカーレットカラーが重賞初制覇。ほぼ最後方から上がり33.2秒で差し切りV。同じく差してきたフロンテアクイーンが6度目の重賞2着。直線で一旦は抜けていたラッキーライラックが3着。前半58.3秒の速いペースで先行抜け出し押し切りできそうだったんだからやっぱり力ある。ビリだったプリモシーンは後に尾を引きそうな負け方。