オオカミ少年 -超-

だらだらと当たらない予想を書き続けていたら元号が変わっていたの儀

G1

阪神11R  宝塚記念

◎ラッキーライラック ○サートゥルナーリア ▲ワグネリアン 大阪杯の覇者ラッキーライラックが本命。昨年秋のエリザベス女王杯から完全に本格化、瞬発力勝負にも消耗戦にも強いタフな根性娘になった。デビューから40kgも体重が増えてパワーアップ。牡馬の総大…

東京11R  安田記念

◎アーモンドアイ ○インディチャンプ ▲ダノンキングリー 超豪華メンバーが大集結した安田記念。昨年は「スタートで後手を踏んだアーモンドアイが取りこぼしたレース」だったが、その時の勝ち馬インディチャンプが以後本格化してマイル春秋制覇中。ダノン2騎も…

東京11R  東京優駿

◎コントレイル ○サリオス ▲サトノインプレッサ 皐月賞ワンツーの再戦でしょう。ゴリマッチョ体型のサリオスよりもコントレイルの方が距離延長はポジティブなので、先週のデアリングタクトに続いて牡馬も無敗の2冠馬誕生が濃厚だ。福永騎手も一昨年ワグネリ…

東京11R  オークス

◎デアリングタクト ○クラヴァシュドール ▲マルターズディオサ 無敗の桜花賞馬デアリングタクトが二冠濃厚。距離延長は大歓迎。先行有利の東京ではあるが、12ハロンの緩いペースなら極端に後ろから行くこともないだろう。心配は雨の道悪桜花賞での疲労度だけ…

東京11R  ヴィクトリアマイル

◎アーモンドアイ ○プリモシーン ▲ダノンファンタジー 人気はドバイまで遠征したのにレース直前中止で肩透かしを食らった2頭のG1ホース。国内で順調に使われてきたラッキーライラック、クロノジェネシス、カレンブーケドール、グランアレグリアは不在。不安あ…

東京11R  NHKマイルカップ

◎タイセイビジョン ○レシステンシア ▲サトノインプレッサ 久々に好メンバーが揃ったNHKマイルカップ。マル外の衰退でレース創設当初の意義を失っており、かつ開催時期がクラシックの谷間なこともあって空き巣レースになりがちだったからね。昨日の京都新聞杯…

京都11R  天皇賞・春

◎フィエールマン ▲メイショウテンゲン △ダンビュライト △スティッフェリオ △エタリオウ 休み明けでも大外枠でも◎フィエールマンから。凱旋門賞帰りの有馬記念4着は実力の証明。昨年よりもメンバー弱化しているし、唯一の敵ユーキャンスマイルは岩田康誠骨折…

中山11R  皐月賞

◎サトノフラッグ ○サリオス 無敗の朝日杯FS馬と無敗のホープフルS馬が共にぶっつけ本番で初対決。サリオスは父ハーツクライの晩成血統で朝日杯の勝ち時計は阪神ジュベナイルF(レシステンシア=桜花賞2着)よりも遅かったが、2着に負かしたタイセイビジョン…

阪神11R  桜花賞

◎サンクテュエール ○デアリングタクト ▲マルターズディオサ 一番強いのはおそらくデアリングタクト。でも、桜花賞の舞台に一番合うのはサンクテュエールだと思う。やはりこの舞台は父ディープインパクトが有利。シンザン記念からのぶっつけ本番はアーモンド…

阪神11R  大阪杯

◎ラッキーライラック ○ワグネリアン ▲ダノンキングリー △ステイフーリッシュ 金鯱賞勝ちのサートゥルナーリアが回避、ドバイ組も遠征後中止のため出走できず、同じく遠征していたルメールは隔離で参加不可。12頭と寂しい出走頭数になってしまった。アーモン…

中京11R  高松宮記念

◎タワーオブロンドン ○ダイアトニック ▲ステルヴィオ △ダノンスマッシュ △ノームコア 昨年のスプリンターズS覇者タワーオブロンドンから。久々だったオーシャンSこそ3着だったが、その時に2kg差あったダノンスマッシュとの斤量差は消えるし逆転可能、G1イッ…

東京11R  フェブラリーS

◎インティ ○アルクトス ▲ミッキーワイルド 初ダート戦を圧巻Vで飾ったモズアスコットの取捨が焦点。勢いのままに連勝を重ねたのはクロフネとメイショウボーラーぐらいなので過信は禁物。特にモズアスコットはマイルよりも1400mの方が良いタイプ。根岸Sは距離…

大井10R  東京大賞典

◎ケイティブレイブ 3人気 8着 ○ゴールドドリーム ▲オメガパフューム 大井で滅法強いオメガパフューム、実績上位のゴールドドリームよりも、展開利を見込んでケイティブレイブ本命。ドバイ取り消し以来の超久々浦和記念で貫禄の完勝。中央ダートでは逆立ちし…

中山11R  ホープフルS

◎コントレイル 1人気 1着 ○ワーケア G1昇格時期尚早だのラジオNIKKEI杯2歳Sの移設失敗だの散々言われながらも、昨年覇者で皐月賞馬サートゥルナーリアと今年の有馬記念で引退したG1 2勝レイデオロのおかげで何とか格を保っている2歳G1戦。今年は東京スポーツ…

中山11R  有馬記念

◎リスグラシュー 2人気 1着 ○アーモンドアイ ▲アエロリット 超豪華メンバー集結のグランプリ有馬記念。アーモンドアイ緊急参戦で盛り上がりは最高潮。空き巣だったジャパンカップとは雲泥のメンバー。焦点は熱発明けアーモンドアイの状態とトリッキーな中山T…

阪神11R  朝日杯フューチュリティS

◎ペールエール 4人気 16着 ○サリオス ▲レッドベルジュール △タイセイビジョン 阪神ジュベナイルフィリーズのリアアメリアががっかりな結果だったのでサリオスを過剰に信頼するのは少し怖い。サウジアラビアロイヤルCをレコード楽勝しているし能力あるのは間…

阪神11R  阪神ジュベナイルフィリーズ

◎リアアメリア 1人気 6着 ○レシステンシア 前走+20kgで出走したアルテミスSで上がり33.0秒の異次元の末脚を見せたリアアメリアが本命。先週のチャンピオンズカップでようやく今年初G1を勝てた川田騎手の2週連続濃厚。馬体はもう少し絞って欲しかったが、プラ…

中京11R  チャンピオンズカップ

◎チュウワウィザード 5人気 4着 ○クリソベリル ▲ゴールドドリーム 成長途上で無敗の3歳馬クリソベリルはまだ底を見せてないロマンがある馬だが、9月の日本テレビ盃以来の久々のレースで古馬相手に人気を背負う立場。JBCクラシックで初G1制覇と勢いに乗るチュ…

東京11R  ジャパンカップ

◎シュヴァルグラン 8人気 9着 ○ワグネリアン ▲レイデオロ △カレンブーケドール 第39回にして初めて外国馬の出走ゼロになったジャパンカップ。「超高速芝の瞬発力偏重レースになってしまって外国馬が見向きもしなくなった」と後ろ向きの解釈もあるが、本当の…

京都11R  マイルチャンピオンS

◎インディチャンプ 3人気 1着 ○ダノンプレミアム ▲ダノンキングリー △ペルシアンナイト 春の安田記念をレースレコードで制したインディチャンプから。安田記念で負かした2着アエロリット、3着アーモンドアイは後の天皇賞・秋のワンツー。まともに走れば人気…

京都11R  エリザベス女王杯

◎ラッキーライラック 3人気 1着 ○クロノジェネシス ▲ラヴズオンリーユー 気性面で当てにしづらい&間隔を詰めるとパフォーマンスが落ちる秋華賞馬クロノジェネシス、未だ無敗もオークス以来の休み明けで馬体重+16kgラヴズオンリーユーよりは、早仕掛けの府中…

東京11R  天皇賞・秋

◎サートゥルナーリア 2人気 6着 ○スワーヴリチャード ▲アーモンドアイ G1馬10頭が集結した超豪華メンバーによる秋の天皇賞。出てこなかったのはダノンキングリーぐらいか。毎日王冠をあの強さで完勝したのに、ダノンプレミアムとの「使い分け」で盾回避とは…

京都11R  菊花賞

◎ヴェロックス 1人気 3着 ○ザダル ▲ヒシゲッコウ △レッドジェニアル 皐月賞馬もダービー馬も不在。セントライト記念、神戸新聞杯の各トライアルの優勝馬も不在。皐月賞2着、ダービー3着と惜敗続きのヴェロックスにとっては千載一遇のチャンス。父ジャスタウ…

京都11R  秋華賞

◎ダノンファンタジー 1人気 8着 ○カレンブーケドール △パッシングスルー △ブランノワール △ビーチサンバ △シゲルピンクダイヤ 天敵の桜花賞馬グランアレグリアが不在、オークス馬ラヴズオンリーユーも不在、春の実績馬クロノジェネシスがぶっつけで+20kgと余…

中山11R  スプリンターズS

◎ダノンスマッシュ 1人気 3着 ○リナーテ ▲タワーオブロンドン 昨年夏以降から全てスプリント戦を使ってスペシャリストとして歩んできたダノンスマッシュが本命。スプリント戦では高松宮記念以外はオール連対と安定感抜群。今年は函館スプリントS禁止薬物大量…

阪神11R  宝塚記念

◎リスグラシュー ○キセキ ▲アルアイン アーモンドアイ(G1 5勝)もフィエールマン(菊花賞、天皇賞春)もワグネリアン(東京優駿)も不在の飛車角王将落ち4歳世代よりも、無事是名馬で元気な5歳世代から。ジャパンC超速レコード演出の助演男優賞キセキは苦手…

東京11R  安田記念

◎アーモンドアイ ○ダノンプレミアム ▲フィアーノロマーノ 新馬戦しか負けていない牝馬三冠・ジャパンC・ドバイターフ制覇の最強牝馬アーモンドアイ、一頓挫あった直後のダービーしか負けていないマイル全勝で同じ年のダノンプレミアムの最強対決。走ればレコ…

東京11R  東京優駿

◎サートゥルナーリア 1人気 4着 ○ダノンキングリー △クラージュゲリエ △ロジャーバローズ サートゥルナーリア、ディープインパクト以来の無敗の二冠濃厚。ぶっつけで仕上がり途上だった皐月賞でも(お行儀の悪さを出して後味は悪かったものの)負けなかった…

東京11R  オークス

◎ダノンファンタジー 4人気 5着 ○ラヴズオンリーユー ▲クロノジェネシス 毎年距離不安がどうとか言われながらも結局は桜花賞組が強いレース。天敵グランアレグリアが不在ならば前を早めに捕まえに行く必要はない。自分のレースに徹することができれば、距離…

東京11R  ヴィクトリアマイル

◎レッドオルガ 3人気 11着 ○アエロリット ▲デンコウアンジュ 東京マイルに滅法強いエリモピクシー一族レッドオルガから。昨年は全姉のレッドアヴァンセがこのレースで3着好走。この馬自身も左回り芝では9戦走って着外1回だけの生粋のサウスポーで、今年の東…