オオカミ少年 -超-

だらだらと当たらない予想を書き続けていたら元号が変わっていたの儀

第51回 阪急杯   晴・良

1. ◎ プリサイスマシーン    安藤勝己 ③ 1:20.5
1. ○ エイシンドーバー     幸英明  ④ 同着
3. … スズカフェニックス    武豊   ② ハナ

∴ 的中馬券 馬連 15.8倍×1500円


ラップタイム

上り 4F 46.2 - 3F 34.8
12.2 - 10.8 - 11.3 - 11.4 - 11.3 - 11.2 - 12.3

ゴール前は冷や冷やした。ツンデレスズカに差されたと思った。プリサイスマシーンは審議の対象馬だったし、思わず馬券を捨てかけた。長い写真判定の結果、◎○の同着優勝。これでテンプレ変えてから3週連続的中、月間収支もプラスに戻せた。運も戻ってきたようなので、3月は反撃したい。


人気のキンシャサノキセキは、またも出遅れて4着止まり。「一瞬の脚」は素晴らしいものがあるが、直線半ばで脚色が一緒になってしまう。準オープンでは突き抜けられても、重賞では頭打ちになるわけだ。昨年のNHKマイルCの回顧で「雨によるトラックバイアスさえなければ勝てた」と書いたが、あれは雨のせいではなく、この馬が抱えている本質的な弱点なのかもしれない。現4歳最強の一角を形成するアドマイヤムーンドリームパスポートにも同じことが言える。彼らは潜在能力の違いでGⅡまでは克服しているが、GⅠになると詰めの甘さが目立つ。


この辺がサンデー産駒との決定的な違いなのかも。